ウェブ制作に関わりたい!どんな職種が活躍している?


ウェブ制作現場の専門職は多様化している

ウェブ制作に携わって活躍している職種はだんだんと多様化してきています。ウェブ制作にはウェブ開発が必要になるのでエンジニアやプログラマーの存在が欠かせません。また、HTML形式にしてページを作り上げる必要があるため、コーダーも必要な専門職です。これに加えて、イラストレーターやCGクリエーターなどのグラフィックス関連の職種が必要というのが一般的でした。しかし、現在ではさらに活躍する職種が増えています。ウェブの全体像を考える役割を果たすウェブデザイナーと、ウェブ制作全体を推進及び管理するウェブディレクターが代表例です。また、動画制作技術者や音楽を手がけるコンポーザーなども重宝されるようになってきました。他にも現場によってはウェブマーケティング施策を考えるマーケターもいることがあります。

間接的にウェブ制作に関わる道もある

このように専門職だけでも多岐にわたる職種がありますが、ウェブ制作会社はこのような専門職だけでうまく事業を進められているわけではありません。特にウェブ制作の専門会社ではクライアントからの依頼を受けてウェブのデザインや開発、制作や実装を行っています。そのため、クライアントの獲得をする営業職も間接的にウェブ制作に関わっています。クライアントの要求を内部で議論に上げる役割を果たすのは営業職だからです。その伝え方一つでウェブ制作の方向性は大きく変化する可能性があります。そのため、営業職として間接的にウェブ生活に従事する道も選ぶことが可能です。

コーディングとはWebサイトをブラウザで表示するために、プログラミング言語を用いてコードを書きコンピューターに指示を出す作業のことを意味します。