あなたのオフィスのペーパーセキュリティは大丈夫ですか?
 
NPO 日本ネットワークセキュリティ協会によると、漏えい媒体・経路の約7割が紙媒体で、残り3割がデジタルデータの流出という結果が出ています。
「企業機密情報」及び「個人情報」いずれも企業にとって大切な情報であり、「漏えい」によって企業が受けるダメージは計り知れません。


細断時のセキュリティレベルとは
 
ヨーロッパにおいては、文書の機密度合いにより細断する大きさ(セキュリティレベル)が定められています。
国際基準として広く世界に適応するドイツ規格協会のDIN規格では7段階のレベルが設けられています。
日本では、内閣府が、マイナンバー関連書類の廃棄に関しては、復元不可能なレベルでの細断を求めています。


復元不可能なレベルの細断サイズとは?
 
ドイツDIN規格では、レベル6以上を復元不可能な細断サイズとしています。
つまり、マイナンバー関連書類の破棄にあたっては、レベル6以上のシュレッダーが必要になります。



Shred Gearは、皆様のニーズに合わせて4シリーズ20機種からお選びいただけます。
機種選びはこちらから⇒